+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ヘトヘトに疲れた、ICEの旅。現在廃人状態(苦笑) :: 2016/04/03(Sun)
夫抜き2週間帰省@義実家から、昨夜ミュンヘンの自宅に戻りましたーーー。

滞在中は、このブログを読んで下さっている方から励ましや、労わり、癒しのコメント・メッセージを頂戴し、
本当にありがとうございました。いただいたコメントには、明日子供達を保育園にブチこんで送り出してから
ゆっくりレスをしたためさせていただきます。

金曜日の夜にフランクフルト便で夫、義実家に到着。
土曜日の夕方に、夫・私・子供達とマンハイム発のICE特急に乗り込み。

義実家からは義父が車でマンハイム駅まで送ってくれたのですが、駅近くでまさかの渋滞にハマり、
ギリギリに駅に到着。駐車場から夫・私・義父と荷物・子供を分担して運び、ホームに走り、ギリギリセーフ。

何とかICEに乗り込んで、ホッ

今回、往復共にICEの「Familienbereich」と言うエリア内の座席を予約。
「Familienbereich」とは、私の勝手な意訳ですが「家族連れエリア」みたいな意味合い。

事前に、DB(ドイツ鉄道)のホームページで見て、「子供連ればかりだったら中々良さそう!」とかなり
期待して乗り込んだのですが、乗ってみてビックリ、タダの普通の車両。しかも、子供連ればかりではなく、
普通の一人旅・2人旅の人もかなり多くて。

マンハイム⇔ミュンヘン間は約3時間の旅なのですが、帰路は人身事故か何かで1時間の遅延(涙)をし、
合計4時間の旅。この遅延分の最後の一時間で次女がぐずりまくり、ギャン泣きエンドレス・・・。

夫と交代で抱っこして、車両と車両の連結部分の人が居ない所で歩かせたり、隣の車両の売店がある車両で
窓の外を見せたり(立ち飲みで景色を見ながらくつろげるような設計になっている)、なだめすかしたり接待
しまくりで、もうグッタリです。同じ車両のオジサマから白い目で見られたりだったので。

どうもこのFamilienbereichは、該当車両全部が家族連れ対象というワケではなく、車両の一部分だけの模様。
しかも、Familienbereich部分の窓枠上にちょっとしたあまり目立たない「Familienbereichです」ステッカーが
貼ってあるのみでそれ以外の人には、特にアピールしていない。


こんなステッカーです。

ステッカー

高さ15センチ弱くらい?




どうせだったら、徹底して1車両を家族連れだけに絞って欲しい・・と思うのは、ワガママでしょうか?
その方が静かに過ごしたい人、子供が居る人にとって、お互いの為だと思うのですが・・。
「子連れだから煩くてもしかたがないでしょ」と居直っているワケではありません。

さて、そんなボヤきはともかく。


夫が日本から買って来たどら焼きを旅のお供に

旅のおやつ

正式なお菓子名は「おやき」ですが、まぁどら焼きです(笑)

THERMOSにはほうじ茶を淹れて。

夫とゆっくり食べたい・・
と思ってはいたのですが、まぁ無理でした(笑)
夫は長女(3歳)の接待、私は次女の接待。
途中交代したりでしたが、歩く楽しさを覚えた次女が
大人しくするワケがありません。

流し込むようにどら焼き一気食い(苦笑)

同じく、夫が日本から買って来た雑誌「VERY」も読みたかった
のですが、1ページも読めなかった(というか、手に取る事すら
できなかった)のも言わずもがな(涙)

音楽聞いたり、パソコン見たり読書したりの優雅な他の
乗客がとても眩しく見えました・・・マジ羨ましい



売店で、子供向けプレゼントをいただいて。

DBのプレゼント

以前、他の方のブログで、子供がプレゼントをいただける、と拝読した
記憶があり、でも詳しくは分からず。今回、次女を抱っこして車内を徘徊中、
車内売店近くにいらした車掌さんに勇気を出して訊いてみた所、
「ああ、あれね」と、売店のお兄様に「子供ちゃん用のプレゼント、出して頂戴」と
言って下さって、売店のお兄様が下さいました。図々しくも「もう一人子供が
居るので、もう一つ・・」とお願いして、無事に2個ゲット!!


そうそう、今回の1時間の遅延に際して、
何と、運賃の25パーセントが払い戻しされるそうです。

車掌さんが各乗客にこんなの配ってました。

DB遅延

赤丸部分、「60分以上の遅延」のボックスにスタンプが押されていて。
この書類の必要事項に記入して、添付の封筒で返送すると、
返金されるそうです。嬉しい・・。
でも、最後の1時間の次女のギャン泣き、辛かった(苦笑)



しかし・・チビ連れの旅は体力勝負ですね。
夜10時過ぎに自宅に到着し、荷解きせず半死状態でベッドへ。
疲れの理由は4時間の旅だけでなく、夫は出張疲れ、私は勝手が違う人のお宅で合宿してたから、と言うのもあります

時差ボケで翌朝、早くに起床した夫が、日本から持って来たお米でご飯を炊いておいてくれて嬉しかった(涙)
2・3日は廃人状態が続きそうです(苦笑)

今日もお付き合いいただき、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. ドイツの実家
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<Around Coffee Table、 届く。 | top | 聴くと涙がこぼれてしまう曲、ありますか?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/763-bc598688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)