+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




意外に早かった、DB(ドイツ鉄道)の遅延補償対応 :: 2016/04/26(Tue)

月曜日は、雪が降ったり止んだり(しかも晴れてるのに雪、とか)、おかしな一日でした。

さて、先日書いた、義実家への里帰り時の、ミュンヘンへの復路のICE特急の遅延。
(その時の日記はコチラです→

60分以上の遅延に対しては、補償金として、電車代の25%が返金されるとの事。
車内で車掌さんから配布された書類に、必要事項を書いて、添付されていた封筒に入れ、返送してみました。

確か、4月11日の月曜日に郵便局に出したのですが、15日(金)頃にはDB(ドイツ鉄道)から書面が届き、
「14日に、電車代の25%を、貴方の銀行口座に振り込みました」と書かれていてビックリ。

ここはドイツ。
物事がスムーズに行かない事には慣れ切っていたので、意外に早い対応にちょっと驚き
いや、まぁ、早い分には良いのですけどねw


DB(ドイツ鉄道)からの書面

DBからの書面

10.90€が振込されたそうです。
たったの10.90€ですが、生活助かる!



普段はもっと電車代が高いのですが、今回は節約の為、安い時間帯(?)の電車を予約。
どうせ遅延するなら、もっと高い電車代の時に遅延してくれたら良かったのに!(笑)

ちなみに、「遅延時間 63分」と書かれてますが、実際ミュンヘンに到着した時点での遅延は、60分満たず。
55分くらいだったかと。何故63分かと言うと、ミュンヘンに向かう道中は1時間以上遅れそうな気配で、
その道中のある段階で、この遅延時間をスタッフ側が確定させたようです。

車掌さんが車掌室で、乗客に配布する遅延証明書みたいな書面の「遅延:60分以上」欄に、遅延証明
スタンプを押しまくってました。(次女を連れて車内をウロウロしていた時に目撃)

くどいですが、10.90€、ウレシイ♪
↑10.90€でこんなに喜んでいるようでは、やっぱり大物になれない器ですね(苦笑)

まぁ、遅延分の最後の1時間が、次女のギャン泣きタイムで辛かったので、勿論遅延しないに限りますが


今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<引っ越しTO DOリストをダウンロード | top | ダイエット。1週間以内に元に戻すと宣言したけれど。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/776-a019c2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)