+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




12月の読書記録 ☆ 活字中毒症、復活 :: 2017/01/05(Thu)

2012年にドイツに引っ越して(今はまた横浜に戻ってるけど)、出産して、また妊娠して二人目出産して・・
目まぐるしすぎて読書生活から遠ざかってました。

元来、活字中毒気味で、読書だけでなく、常に活字を追いたくて。
電車の中吊り広告も舐めるように読んでたし(苦笑)

「死ぬまであと何冊本が読めるだろう?」って試算したりして。
人生80年として、親の介護中は読めないな、とか、老年は老眼でペースダウンするだろうな、とか、晩年の数年は
寝たきりだから読めないだろう、とか諸々考慮して試算したら、たったの千冊強で愕然としました。


ものすんごく活字に飢えてたのだけど、

★第一子を妊娠してから読む気力減退
★時間確保出来ず
★何を読みたいのか分からなく

なってしまい。

が、昨年末から、自分自身に満たされない何かがあり、「これじゃいかん!」と、夫と話し合い、お互い
自分時間を確保できるように、育児とか、無駄な事してないか?と生活を見直して。

かつてしてように、時々書店を覗いてチェックしたり、手帳に「読みたい本リスト」メモを復活させたり、
図書館を利用するようになり。
コーチングの勉強をしている友達の勧めで、「やってみたい事リスト」を作ってみまたのですが、本に関する事が多かったので、
上記行動を復活させました。


お蔭で昨年末、最後の一週間は、滑り込みで2冊読む事ができましたーーー(T_T)
今年に入ってからも既に2冊読了していて、活字中毒、復活の兆しです。




 「ハーフが美人なんて妄想ですから!」 / サンドラ・ヘフェリン著


       へふぇりん


多分、在独時代だったと思うのですが、ネットかどこかで紹介されていて、
ドイツ人父・日本人母の間に、ミュンヘンで生まれた著者という生い立ちが
我が娘達に重なり、読んでみたいと思ってました。

それと、ヘフェリンさんという名字。どこかで聞いた事あるな、と思ったら、
NHKの語学講座のパーソナリティー(?)の方でした。

日本でのハーフという立ち位置で、どんな苦労があったのか、どんな誤解・妄想を
されてきたのか。アイデンティティーの確立。それだけではなく、異文化MIXの子を
持つ親として、どのような点に留意すれば良いか。

純粋日本人の事を「純ジャパ」と言ったり、ユーモアがある文章で、時々クスッと
笑いながら、「うちの娘達も色々悩むのかしら?」と思いながら、あっという間に読了。



 「女官 明治宮中出仕の記」 / 山川三千子著


       女官


ストレス解消に書店を徘徊していた時に目に留まった本。

特に明治天皇に興味が有ったとかではないのだけど、どういうワケか
モーレツに気になって読んでみました。古式ゆかしい祭祀や風習は
現代の私からすると新鮮で、「この中のどこまでが現代に引き継がれて
いるのだろう?」「現代人、特にキャリアウーマンの雅子妃には
相当キツイだろう」などと考えながら読み進めました。

「●×天皇は誰それ女官の子」という記述まであり、「こんな事書かれた
本を出版しちゃっていいの?」と驚愕したり・・。
↑右寄りの人にボコボコにされそうで怖いので、●×でボカしてますが。これでも攻撃が怖い。

平民の私には、かなり異次元のお話で刺激が得られたので
楽しく読み進められました。




・・・ここのところ、書店を徘徊しては、私の「読みたい本リスト」のラインナップが増えてます。
本当はすぐに、横浜市の図書館のHPにアクセスして予約したい所ですが、もうすぐ引っ越しで
横浜を離れるのでグッと我慢。早く転入先の図書館でカードを作って、予約入れまくりたいです。

今日は、長女と外出した際に、長女とカフェでお茶したのですが、長女にはスマホを与え
アンパンマン動画を見せ、その間に読書に耽りました。毒親だね(苦笑)
やっぱり何かを犠牲にしないと、十分な読書時間は確保できないですね(汗)

しかし、長女は「ママみたいに大きくなったら、一緒にカフェでカプチーノ飲みたい」と最近言っており、
「じゃぁ、長女ちゃんがひらがなを読めるようになったら、本を持って行って、一緒に本を読もうね♪」と
言ったら、嬉しそうにしていました。将来の楽しみが一つ増えました。

長女も次女も本好きになるといいな、と思う今日この頃。


今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



<<珍しく続いている、家計簿 | top | 今年は良い年にしたい、2017。>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/01/07(Sat) 09:00:20 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

lentille様、

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します♪

読書、愉しいですよね~。
昨日の午前中、一人で数駅先の図書館に行き、また本を借りてきました。
帰りはその近くのカフェでお茶して、どっぷり読書して・・。至福。

角田光代さんと言えば、過去に「対岸の彼女」という本を読んだ事が有ります。
友達同士の二人の女性が、一方はバリキャリに、もう一方は主婦になり・・という話で、
それぞれが相手を「対岸の彼女」として複雑な思いで見ている、と言うような内容で。

今主婦となった今、また別の視点で読めるような気がして、また読みたいと思っています。
「彼女のこんだて帖」は知らなかったので、「読みたい本リスト」に早速入れさせていただきました!

そうそう、リフォームは疲れます。
実家が10数年前に大規模リフォーム(と言うか、スケルトン状態にしたので、リノベーション)したのですが、
大変でした。住みながらのリフォームで、予定外に大規模な物になり。

壁も壊したのですが、2月で、住んでて寒くて。
昼間は仕事に出てるので良かったのですが、夜寝る時極寒!!!

お風呂は隣の親戚の家に入らせていただいてたのですが、ユニットバスが納入され使えるようになって、
初めて入った時の感動と言ったら!

早くlentille様の所も、リフォーム工事が終わって、落ち着かれると良いですね。
  1. 2017/01/08(Sun) 14:43:02 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/865-0ee8e442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)