+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




ついに来た!ドイツからの引っ越し荷物保管費用請求 :: 2017/02/27(Mon)

恐れていた物が、ついに来たんです。

ドイツからの引っ越し荷物 保管費用 inコンテナ@横浜港の、請求が!

去年7月末にドイツのアパートを引き払い、荷物を払い出し、船で日本に輸送。
9月中旬に横浜港に到着したものの、我々の住居が決まっておらず、横浜港に保管しておいてもらい。

我々自身は、私の実家に居候し、その間に住居を見つけ、リフォームを経て2月上旬に入居。
そのタイミングで横浜港の荷物を新居に届けてもらいました。

保管費用+保険料は、引越し会社から一旦夫の勤務先に請求が行き、勤務先から請求が。
勤務先との契約で、横浜港に到着後最初の1か月分だけ勤務先負担で、その分を差し引いた分だけ
お給料から引かれます。

その額しめて、、、

338,876円!!! orz

保管料課金が始まる前、「一旦実家で荷物を引き取ろうよ~」と夫にお願いしたのですが、
家が見つかってまた引っ越し、で、その分の引っ越し費用がかかる事、そうすると面倒な事、横浜港に保管
しておけば安全な事(一旦実家で引き取って、新居に越した後開梱してダメージが見つかってもどうにも
ならないので)・・・等々の理由から、夫は保管続行@横浜港を主張。

「確かにそうだよな」と思い直し、保管続行@横浜港を決めたのでした。

保管費用は、最初、毎月請求が来るものと思っていて。
10月頃「そろそろ給与から引かれるかな?」と思っていたのですが、全然引かれず。

「もしや会社サイド、忘れてる?」とニヤリとしたのですが、そうは問屋が卸さない・・(当たり前か 苦笑)

もうね、34万円。
会社サイドが、ご親切に「一括天引きか、数か月に分割して天引きか?」と希望を聞いて下さったので、
迷わず「数か月に分割」をお願いしました(苦笑)

まだまだ収納グッズとか照明器具とか欲しいし、カーテンもまだ買わないといけないし、物入り状態は続く。

今月は食費が軽く10万円を超えるし(引っ越し最初の2日間は外食、とか、基本調味料を揃えたりでコスト
嵩みました)、家計の正常化はまだまだ先?な今日この頃です(号泣)
「食費トータルがキニナル!」とおっしゃる方がいらっしゃたたら、公開します(笑)

家計簿を集計するのめっちゃ怖い(笑)



今日のテーマとは全然関係ありませんが

パン製作中

夫、パン製作中。
キッズは、キッチンマシーンが生地を捏ねる様子を
見たくて、台の上に座らせてもらってます。

私が料理する時は、キッズが台の上に居ると集中できない
のでムリです・・・夫は全然気にならないみたい。



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. 家探し・リフォーム・引っ越し
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<温かく、お部屋に統一感を ☆無印良品のシートクッション | top | やっと見つけた!無印良品のマグネットクリップで、「ごみの分別表」隠し。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/888-71d5ae1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)