+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




子供たちによる、読み聞かせ :: 2017/03/22(Wed)

最近ブームの、長女による読み聞かせ(笑)

先日、図書館で紙芝居をお借りしてきました。
キッズをソファーに座らせて、私はキッズ用の椅子に座って紙芝居をしたのですが、それがツボだったらしく、
長女もその椅子に座り、私と次女をソファーに座らせて読み聞かせ開始。


まずは、変顔からスタート(笑)

長女 読み聞かせ1


読み聞かせ2

長女による読み聞かせデビュー作は、我々家族
お気に入りの絵本・「DIE REISE」。

日本では、「ジャーニー 女の子とまほうのマーカー」と言う題名だそうです。
アメリカの作家さんの絵本で、New York Times紙のレビューが良かった
らしく、夫が購入しました。


Journey

この絵本、文章が無いんです。
絵を見て、夫が自分で自分の言葉で読み聞かせしてました。
でも、言葉は要らない。

絵が美しくて、ストーリーが明確で、それだけで成立するから。

写真が下手ですが、こんな感じの絵です。

Die Reise1

幻想的で、惹き込まれます。


Die Reise2

どこの国でしょうか。
こんな景色、見てみたい。
創造力を掻き立てられます。



Die Reise3

ただただ美しく、心が満たされていきます。

この絵本に出会えて良かった、と思いました。

子育てって、しんどいい事が多くて、今もストレスにまみれてるんですけど(苦笑)、
こういう絵本との出会いがあって、何だかプレゼントをいただいた気分。

そんな絵本を長女が選んで、読み聞かせをしてくれて。
成長も感じられて。感謝です。



もちろん、お姉ちゃんの真似をしたがる次女も、ここは黙ってるはずがなく(笑)
読み聞かせしてくれました(笑)

じじょによる読み聞かせ


次女は親による読み聞かせにいつも興味を示さないので、「本好きには
ならないのかなー」と思っていますが(まぁ、絵本が好きでも、ゆくゆく必ずしも
本好きになるとは限らないとは思いますが)、先日気づくとこんな光景が。

次女、読書中

熱心に「くまのプーさん」の本(夫の)を読んでいて、衝撃を受けました。
レギンスの膝の穴はスルーして下さい(苦笑)

夫も私も本好きなのですが、中々読書時間が取れないのが目下の悩みです。
時間クレー!!!!




今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


  1. 子供のいる生活
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<掃除について真剣に考える時が来た&そもそも・・・ | top | 上島珈琲のドリップ講座と、明日への活力☆>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/895-250071d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)