+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




おさかなくん、ごめん :: 2017/06/10(Sat)
注)今日は、お魚の若干グロテスクな写真もあるので、苦手な方はリターン願います。

先日、「お魚さばき教室」という教室に参加してきました。

・・・45歳主婦、情けない事に、魚をさばけません、おろせません(照)

近所の魚介居酒屋では、週に2回程、軒先でお魚を格安で販売していて。
スーパーに並んでいる物より美味しそうで、買いたいな・・と思いつつもさばけないので、眺めるだけでした。

そんな折、「お魚さばき教室」のチラシを発見して、すぐさま申込み。
教室は申込みから3週間後で。

その3週間の間に、ミュンヘンからお里帰りしていたお友達がうちに遊びに来てくれて。
駅まで迎えに行ってうちに向かう途中、たまたまその居酒屋の前でお魚販売をしているのをお友達が
目にして、カワハギを購入。「肝和えにする」と。

そのお友達、ファッションも素敵だし、中身も素敵なのですが、話を聞いてみると、元々釣りが好きで
旦那さんと釣り船に乗って良く釣りに行ってたとか。

ひょえー カッコいい!
私もこんな女性になりたい!と思いを強くし、お魚さばき教室を楽しみにしていました。

生徒は私含めて5人。
私以外の4人は常連さんのようでした。

この日は、アジをおろす予定だったようですが、サバに変更になったとか。

「今日は反り返ってる程、新鮮なサバだよ」と先生。

さっそく先生がデモンストレーションをし、私も恐る恐るおろしてみました。



こんな仕上がりで

おろす1

「本当に初めて?」と訊かれました。←ドヤ顔でコレ書いてます(笑)
まぁ、悪くない出来?

で、その次はさらにもっと立派なサバを。

ちなみに、内臓は既に取り外してあったものをおろしました。

本当はその後イサキをおろす予定(内臓を出すところから)だったようですが、
時間切れの為、「お持ち帰りください」と、20数センチくらいのイサキを一匹、
15センチくらいのイサキを10匹も!お土産に。

勿論、先ほど下したサバ2匹もお持ち帰り。
サバのアラも欲しいだけお持ち帰り。



で、これだけいただきました

おろす2

ジャン!


帰りに100均で「うろことり」を緊急ゲットし(for イサキ)。

おろす3

その足でキッズを保育園でピックアップし、急いで帰宅。
お土産のさかなクンたちを前にしばしボー然(笑)

その時点で既に5時を回っており、夕飯までに間に合うかどうか・・・

教室でおろしたサバは、漬け汁につけて後日竜田揚げを製作しようと、
冷凍庫へ格納。

サバのアラはクックパッドを見てあら汁を作り。

イサキは慣れないウロコ取りをしたものの、何せ初めてなので本当に
取れたのか、もっとガッチリ取った方が良いのか分からず。

内臓も取り除いてみたけど、充分かどうか。
血合いに切り込みをいれたけど、そのあとYOUはどうする?状態で。

先生がデモンストレーションでイサキのお刺身をこさせていたので、
私もお刺身にトライしたけど・・・20数センチのイサキのお刺身。
先生は14切れくらいにおろしてたけど・・・・



私の作品はコレ↓

おろす5

グチャグチャなのがたったの6キレ(爆)
このイサキ、絶対成仏できてないハズ。
(でも美味しかったです)



で、慌てて頑張って作ったあら汁は、家族みんなにガッツリ残されるという・・
(私は美味しくいただいたんですけどね)

1か月後の次のレッスンも申込みしましたが、先生曰く
「ここでおろすだけじゃだめだよ。家で週に3回はおろして練習してね」と。

今回のレッスンの数日後、実家で法事が有り、アジア某国に転勤で行っている
釣り好きなレアキャラ弟(*)も帰国して参加したので、この教室ネタを
ぶつけてみたら、弟も「俺もおろせないなー。魚ってニョロニョロして気持ち
悪くて触れないし」と(爆)

(*)レアキャラ弟とは、普段全然連絡を取り合ってないから生きてるのかすら
分からないし、出張で東京に来ても滅多に実家に寄りつかないからです。来ても
滞在時間2時間とかのタッチ・アンド・ゴー状態なので、我が家ではレアキャラ扱い(苦笑)


ってか、「アンタの場合、全然釣れなかったら触る機会無かったもんね」って
心の中でツッコみ(笑)

一度、弟が沢山釣って来た事があって、それはどうしたかと言うと、
弟の友達のお母様(調理師免許保持)にSOSして来ていただいて
おろしていただいた、という何とも情けない家族・・・

で、弟ネタは脇に置いておいて。

私は、いつか「魚もおろせるナイスミドル」を目指したいと思います。
と言いつつ、教室のあと自主トレ一回もしてませんが



今日も頑張って(?)のうのうと生きてます。

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



<<夏仕様のバックリボンカットソーで、夏準備 | top | はたらく @ Spotのお仕事>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/06/11(Sun) 00:15:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/06/11(Sun) 01:22:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

lentille様、

こんばんは!

そうなんですよね、お魚をさばくの、難しい・・・
慣れもあると思うのですが、まず、内臓を処理するのが慣れてないとホラーです。

お仕事して帰宅してからお魚をさばくのなんて、それも大変ですね。
食費が浮くのはありがたいですがw

今回のレッスン、「包丁は自前のを持ってきても、お店のをお貸ししてもどちらでもOK」って
言われて、当日家の包丁セット(夫のコレクション)を見たら、どれがお魚包丁なのかすら
分からなくて(苦笑)

夜、夫が帰宅して話したら、「内臓を取る為の(魚の腹を切るための)小さいナイフもあるよ!」って
言われて。全然気づかなかったです。ホントに主婦か?

アジフライ、食べたくなってきましたw

実家の片付け問題。私も他人事じゃないんですよ。
祖父母が他界した後、母が片付けに苦労していたので、母は割と今から身綺麗にして、
割とスッキリ暮らしているのですが、私と弟が残した物がまだまだあって。
実家に帰る度に少しずつでも減らそうとしているのですが、物置部屋にエアコンが無いので、
夏と冬がキツイ(笑)季節の良い時限定で、少しずつしか進めません。

先日実家の法事が有った際、法事に先立って弟には「実家に置いてある物、ちょっと捨てようよ」と
声掛けしてたのですが、結局やらずじまいでした(苦笑)

最近は、実家の片付けHow to本みたいなのも出ていて、ビックリしました。
コンビニで見ました。共通の悩みみたいですね。
  1. 2017/06/11(Sun) 14:06:24 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

lentille様、

アジ専門の居酒屋さん、是非福井に伺う際には、連れて行って下さい!
ヨダレが出てきました・・(笑)
  1. 2017/06/11(Sun) 14:07:51 |
  2. URL |
  3. ikebow #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/930-d4896adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)