+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




雑誌は、通常版かコンパクト版か :: 2017/09/14(Thu)
文字色
今日の日記は、いつもにも増してどうでも良い内容ですが・・・


先日、ファッション雑誌「Marisol」(マリソル)の最新号を買ったんです。


左側がMarisol。

Marisol最新号

今回、コンパクト版を購入。
右側が通常サイズです。

先日一人で出かけた際に、電車とカフェで読もうと思って、
持ち運びに便利なコンパクト版を。

ファッション雑誌って重いですよね。
それに、大きいからカバンに入らない事も多く。

あまりよく分かりませんが、全部の雑誌ではありませんが、
雑誌によっては少なくともGWとか夏とかのバケーションシーズンには
持ち運べるコンパクト版が出ていて。

今回、通常版を買うか、コンパクト版を買うかで悩みました。

で、違いは、大きさだけでなく・・

通常版:  @@@@940円(付録付き)
コンパクト版: @@820円(付録無し)

私、付録は頑なに要らないんです。

だから、付録無しでお安く持ち運びに便利なコンパクト版が良いのは
一目瞭然。

だけどね、最近老眼が始まって・・・(苦笑)
コンパクト版だと、文字が小さすぎて(汗)

どうしようか3分悩みました。お店で。
でも、良く考えると、ファッション雑誌は文字を追うより、写真を愉しむ物。

気に入ったスタイリング・アイテムがあればクレジットを見て
ブランド名とお値段を確認して。

クレジットを見るのは、全アイテムではなく、時々なので、だったら
多少読みづらくても、安くて持ち運びに便利な方が良いコンパクト版が
良いのではないかと。

それに余計な付録も付いて来ないし。

ちなみに、今回の付録はコレです↓

マリソル付録

付録アイテムって、結構すごいブランドとコラボしていて驚く事も多いですが、
質が劣るような気がして。それに、持っていたら絶対「あ、あれ雑誌の付録だ」って
分かる人って少なからず居そう。

質が劣っても、若い人は若さで何でも素敵に見えるから良いかもしれないけど、
この年齢になるとお肌のくすみ・衰えは避けられず、それに質の宜しくない物が
加わると相乗効果で何だか侘しいと言うか何というか・・・なので、私は遠慮したい。

前に、新聞か何かで読んだのですが、書店員さんのコメント。
「付録目当てに同じ雑誌を5冊程買われたお客様がいらして。
お会計が済んだら、その場で付録を剥がして雑誌は1冊だけ
お取りになり、【残り(4冊)は捨てておいてください】って言われて
複雑な気持ちになりました」みたいな事おっしゃってて。

「付録目当てでそんな事する人も居るんだ・・・」と軽くカルチャーショックでした。

世の中色々な人が居るので、良いのですが、私だったら、その分お金を溜めて
「本当に好きで、(身の丈に合った範囲で)質の良い物を買いたい」と
思ってしまう。

昨今の、付録合戦のような雑誌販売方法に頭の中「?」ハテナマークです。
活字好き者としては、中身で勝負して欲しいんですけどね

という事で、今後は、老眼問題に悩みつつ、コンパクト版も有りかと思います。
気持ち、写真の質は通常版の方が良い気がしますが・・・

そして、そろそろ老眼鏡のお年頃、と実感もする今日この頃。



今日も下らない内容にお付き合い下さり、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


  1. 本棚
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<「耳エステ」という人参を下げて頑張った一週間 | top | 主婦の再就職キロク ☆ 新米ワーママの勤務スタイル>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/968-5c7b9082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)