+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




主婦の再就職キロク ☆ 高齢新米ワーママには、サポートが不可欠 :: 2017/09/17(Sun)

誰も期待してないけどシリーズ化してお届けしている(笑)、主婦の再就職キロク。
(5年ブランク有り 高齢育児)

第5章の今日は、「高齢新米ワーママには、サポートが不可欠」
また「ワーママ」とか書いちゃってるよ。仕事も家事も育児も全部中途半端なのにね(苦笑)

私の場合、育児だけでなく、元々全体的にキャパが極小なのでに加えて、高齢なので、サポート体制は
出来る限り厚目で何とか生きてます(苦笑)


★家事は便利家電で★

ロボット掃除機、食洗機、乾燥機付き洗濯機(乾燥機付き洗濯機は今やどのご家庭でも普通?)。

在独時代は、夫はロボット掃除機の性能については懐疑的で購入には至らなかったのですが、
本帰国して引越しして家電を揃えた際に、「再就職するので、ロボット掃除機はゼッタイ必要」と重要性を夫に
説いてやっとゲット!購入した機種は完璧では無いですが、無いよりは絶対良いです。ホント。

食洗機も、ドイツでは標準装備で、「コレが無いともう生きていけない」とすら思っていたので迷わず購入。
いや、再就職をしなくても欲しい(笑)

お次は、ブラーバ(床磨きマシン?)が欲しいんですけどね。
指をくわえて虎視眈々とロックオン中ですが、同時に、本当に必要かも見極め中。


疲れ果てた金曜日は、たこ焼き買って来て夕飯を済ませました(苦笑)

たこやきねぎのせ

私のはねぎのせ



★夫の出張時は、ファミサポと母頼み★

以前はほとんど出張が無かった夫ですが、最近はぽつぽつと。
先週は5日間の海外出張、今週は2日間の国内出張。
来月は2週間のドイツ出張が・・・(白目)

そんな時は、夫が担当しているキッズの保育園への送りを、ファミリーサポート(以下ファミサポ)にお願いしています。

区のファミサポ窓口に電話をし、登録日時を予約。
登録日に赴き、ファミサポを説明する動画を視聴、書類に記入し、ちょっと面談を受けて登録完了。

サポートをお願いしたい日程を伝え、窓口がサポート可能な会員を探してマッチング。
予定を合わせて三者面談(窓口・サポート会員・我々)し、サポート内容や謝礼金を確認。
(謝礼金は、時間単位で設定されています)

☆サポートして下さる方        →提供会員
☆サポートを受ける人(我々の様な)→利用会員

と言うのですが、利用会員より提供会員が少なくて。
サポートを依頼しても提供会員が見つからない事が割とあるそうですが、何とか我々をサポート
して下さる会員さんが見つかって。

夫が出張の時、提供会員さんに送りをしていだたいてます。
ちなみに、謝礼金は、子供二人で保育園への送り1回(1時間換算)、1,350円です。

送りはファミサポさんにお願いするとして、5日間の出張時は、母のサポートも受けました。
泊まり込んでもらって、朝の子供の世話、家事等。老婆を働かせて罰当たりですが、私一人では特に
朝の支度が大変なので。おかげで、普段以上に疲れる事無く仕事に集中が出来ました。


★子どもの体調不良時は、母頼み★

子どもの体調不良による登園不可の時は、2駅先の小児科の「病児後保育」に頼ろうと思ってましたが、
どうやらいつも満員らしくて。なので、母に来てもらって子供を見てもらってます。
(「ばぁば」と一緒の方が、子供達にも安心ですしね)

前々回は子供は、高熱は出ておらず比較的元気だったので、高齢の母でも対応出来て。
前回は偶然夫の夏季休暇中だったので、母には頼まずに済みましたが

これが、高熱でうなされていたり、場合によっては小児科に連れて行かなければならない時は、母も不安な
ようなので、そのような場合は夫婦どちらかが仕事と折り合いをつける必要がありますが、「母のサポートがある」
という精神的な保険があるだけでも、落ち着いて仕事に打ち込むことが出来ます。
ってまだ大した仕事できてないけど(苦笑)

ミュンヘンで過ごした4年間は、夫婦どちらの実家も遠くて、容易ににサポートは頼めなかったので。
あの時は、家族内で病気のリレー状態で、綱渡り。本当に緊張してたし、疲れ切ってました。

母も60台後半で疲れやすいので、いつまで頼れるか分かりませんが、今はありがたく母のサポートと、
ファミリーサポートの提供会員の助けを得て、この環境に感謝し、何とか回して行きたいと思っています。
将来子供の手が離れて、隠居生活になった時にまだ元気であれば、私もファミサポの提供会員か何らかの形でサポートする方に
回りたいと思ってます。。元気で居ないと(笑)



世の中&私の周囲で、旦那さんが激務or出張がちで頑張っているママも多く。
高齢でなくても、ワンオペは本当に大変だと思います。
家族の犠牲の上に成り立っていると、企業も人も認識しないといけないと思うんですよね。。。
ワークライフバランスって難しい。日本人、真面目で働き過ぎYO


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<赤い傘。 | top | 「耳エステ」という人参を下げて頑張った一週間>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/969-2a609cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)