+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 4歳と2歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




「耳エステ」という人参を下げて頑張った一週間 :: 2017/09/16(Sat)
今日は午後から雨が。
これから、本格的な秋到来な予感・・・
秋支度を始めてない私は、焦っています(汗)

さて、今日は、汚いネタもあるので、そういうのが苦手な方はここからは閲覧禁止です。


                                         

    


今日、「イヤー(耳)エステ」なる物を受けてきました@銀座。

ここの所、耳かきをしても垢が取れなくて。
時々耳の奥が痒い感じが有り(肌に問題が有る、と言うよりは、垢が詰まってる感じ)、でも取れなくてもどかしい。
「誰か膝枕して耳かきしてくれないかなー」と本気で考えていて。

そんな折、一週間前ですが、美容院でめくった雑誌のページで「イヤー(耳)エステ」なるものが紹介されていて。

耳垢取り、200のツボが集まる耳のツボ押し、首・デコルテのリンパマッサージと、頭皮マッサージ。
70分9,000円。

速攻、詳細をスマホで撮って、翌日には予約の電話を入れてました(笑)
お値段はね、高いのですが、でももうどうしても誰かに耳を何とかして欲しかったので。
あと、リンパマッサージも受けてみたかったし。

職場でも、新しい仕事が入ってきて、色々緊張していて、何か目の前にぶら下げる人参的な物も欲しくて。

今週は、月~火曜日が夫の主張で不在。
そして、新しい仕事でもたついてもたついてもたついて・・・ひたすらもたついて。
過呼吸になるかと思いましたが(苦笑)、「火曜日はキッズのお迎え前のカフェでの読書タイム、土曜日は
耳エステ・・・」と自分に言い聞かせ乗り切りました。やっぱりご褒美がないとねー

で、その「耳エステ」、実際施術を受けてみて、一体どんなだったのかと言うと・・・。

体調・アレルギーに関するヒアリングシート記入
タオル素材のチューブトップワンピースに着替えて、施術台に仰向け
アロマオイルの種類を選択(かんきつ系アロマ好きなので、グレープフルーツを選択)
足枕を両足に敷いてもらう。その際、軽く足マッサージ
耳に泡注入。耳の中を洗いながら、ツボマッサージ
耳かき(至福!アリガトウゴザイマス~)
首・デコルテのリンパマッサージ
頭皮マッサージ
足枕を外しながら軽く足マッサージ
首の下に温タオルを敷いていただいてフィニッシュ
お茶をいただく
着替えて終わり

施術をして下さった方によると、耳垢はあまり無かったそうです。
残念!ゴッソリ取れて欲しかった (苦笑)

耳掃除の仕方とか(本来は自浄作用があるので、垢は自分から出てくれる、と言う説もある、とも)、
首の付け根辺りに温タオルを当てると体が温まる事なども教わり。

「寝落ちしたら気持ち良さが確認できなくて勿体ないから絶対に寝落ちしない」と心に決めて挑んだのですが、
もう~気持ち良すぎて、途中数分間口を開けて寝て、フニャフニャになって帰還しました。
ついでに財布の紐もフニャフニャになって、近くのお店で派手な傘も買い(笑)←元から欲しくて探してた物です

銀座だったので、帰りにウィンドーショッピングやランチをしてから帰宅したかったのですが、夫が体調悪かった
のと(子供二人の相手は辛かろう)、加齢のせいか食欲が落ちていて、お昼を過ぎていたのにお腹が空いて
いなかったのとで、寄り道はちょっとに留めて帰宅。

このエステ、私のお小遣いではお高いので、頻繁に受ける事は出来ませんが、耳エステに限らず、
何らかのマッサージは年に1回くらいはご褒美として受けたいです。フットマッサージは今すぐにでも
受けたいのですけれども。
数年前、マッサージ師に「足硬いですね。立ち仕事ですか?」と訊かれました。座り仕事だったのに(苦笑)

まぁ、また何らかのご褒美を目の前にぶら下げて、来週も頑張ります



関係無いですが

先日、5日間の海外出張から帰宅した夫と長女

抱き合う親子

夫は「会いたかったー」ってかき抱く感じなのに、対して長女は
鏡に映った自分に見とれていました(爆)
いや、夫の不在中、「パパがいなくてさびしい」っていってましたけどね。
なにせ、鏡に映る自分を見て、「うつくしい・・・」とか言っちゃうナルシスト女子なので



そして、出先でテコでも動かなかった次女(白目)

てこでも動かない

イヤイヤ期、全然終わらないYO



今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. 美容・健康
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



<<主婦の再就職キロク ☆ 高齢新米ワーママには、サポートが不可欠 | top | 雑誌は、通常版かコンパクト版か>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dolcevita0210.blog.fc2.com/tb.php/970-be06e491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)