+ Cafe ミュンヘン - ikebowのブログ +

日本人っぽいドイツ人の夫と横浜 → ミュンヘンへお引越し→日本に出戻り!(笑) 5歳と3歳の育児をしながら、高齢育児に疲れた日常のアレコレを綴っています。




主婦の再就職キロク ☆ 高齢新米ワーママには、サポートが不可欠 :: 2017/09/17(Sun)

誰も期待してないけどシリーズ化してお届けしている(笑)、主婦の再就職キロク。
(5年ブランク有り 高齢育児)

第5章の今日は、「高齢新米ワーママには、サポートが不可欠」
また「ワーママ」とか書いちゃってるよ。仕事も家事も育児も全部中途半端なのにね(苦笑)

私の場合、育児だけでなく、元々全体的にキャパが極小なのでに加えて、高齢なので、サポート体制は
出来る限り厚目で何とか生きてます(苦笑)


★家事は便利家電で★

ロボット掃除機、食洗機、乾燥機付き洗濯機(乾燥機付き洗濯機は今やどのご家庭でも普通?)。

在独時代は、夫はロボット掃除機の性能については懐疑的で購入には至らなかったのですが、
本帰国して引越しして家電を揃えた際に、「再就職するので、ロボット掃除機はゼッタイ必要」と重要性を夫に
説いてやっとゲット!購入した機種は完璧では無いですが、無いよりは絶対良いです。ホント。

食洗機も、ドイツでは標準装備で、「コレが無いともう生きていけない」とすら思っていたので迷わず購入。
いや、再就職をしなくても欲しい(笑)

お次は、ブラーバ(床磨きマシン?)が欲しいんですけどね。
指をくわえて虎視眈々とロックオン中ですが、同時に、本当に必要かも見極め中。


疲れ果てた金曜日は、たこ焼き買って来て夕飯を済ませました(苦笑)

たこやきねぎのせ

私のはねぎのせ



★夫の出張時は、ファミサポと母頼み★

以前はほとんど出張が無かった夫ですが、最近はぽつぽつと。
先週は5日間の海外出張、今週は2日間の国内出張。
来月は2週間のドイツ出張が・・・(白目)

そんな時は、夫が担当しているキッズの保育園への送りを、ファミリーサポート(以下ファミサポ)にお願いしています。

区のファミサポ窓口に電話をし、登録日時を予約。
登録日に赴き、ファミサポを説明する動画を視聴、書類に記入し、ちょっと面談を受けて登録完了。

サポートをお願いしたい日程を伝え、窓口がサポート可能な会員を探してマッチング。
予定を合わせて三者面談(窓口・サポート会員・我々)し、サポート内容や謝礼金を確認。
(謝礼金は、時間単位で設定されています)

☆サポートして下さる方        →提供会員
☆サポートを受ける人(我々の様な)→利用会員

と言うのですが、利用会員より提供会員が少なくて。
サポートを依頼しても提供会員が見つからない事が割とあるそうですが、何とか我々をサポート
して下さる会員さんが見つかって。

夫が出張の時、提供会員さんに送りをしていだたいてます。
ちなみに、謝礼金は、子供二人で保育園への送り1回(1時間換算)、1,350円です。

送りはファミサポさんにお願いするとして、5日間の出張時は、母のサポートも受けました。
泊まり込んでもらって、朝の子供の世話、家事等。老婆を働かせて罰当たりですが、私一人では特に
朝の支度が大変なので。おかげで、普段以上に疲れる事無く仕事に集中が出来ました。


★子どもの体調不良時は、母頼み★

子どもの体調不良による登園不可の時は、2駅先の小児科の「病児後保育」に頼ろうと思ってましたが、
どうやらいつも満員らしくて。なので、母に来てもらって子供を見てもらってます。
(「ばぁば」と一緒の方が、子供達にも安心ですしね)

前々回は子供は、高熱は出ておらず比較的元気だったので、高齢の母でも対応出来て。
前回は偶然夫の夏季休暇中だったので、母には頼まずに済みましたが

これが、高熱でうなされていたり、場合によっては小児科に連れて行かなければならない時は、母も不安な
ようなので、そのような場合は夫婦どちらかが仕事と折り合いをつける必要がありますが、「母のサポートがある」
という精神的な保険があるだけでも、落ち着いて仕事に打ち込むことが出来ます。
ってまだ大した仕事できてないけど(苦笑)

ミュンヘンで過ごした4年間は、夫婦どちらの実家も遠くて、容易ににサポートは頼めなかったので。
あの時は、家族内で病気のリレー状態で、綱渡り。本当に緊張してたし、疲れ切ってました。

母も60台後半で疲れやすいので、いつまで頼れるか分かりませんが、今はありがたく母のサポートと、
ファミリーサポートの提供会員の助けを得て、この環境に感謝し、何とか回して行きたいと思っています。
将来子供の手が離れて、隠居生活になった時にまだ元気であれば、私もファミサポの提供会員か何らかの形でサポートする方に
回りたいと思ってます。。元気で居ないと(笑)



世の中&私の周囲で、旦那さんが激務or出張がちで頑張っているママも多く。
高齢でなくても、ワンオペは本当に大変だと思います。
家族の犠牲の上に成り立っていると、企業も人も認識しないといけないと思うんですよね。。。
ワークライフバランスって難しい。日本人、真面目で働き過ぎYO


↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




主婦の再就職キロク ☆ 新米ワーママの勤務スタイル :: 2017/09/13(Wed)
今日は何だか暑かったですね。

日中はクーラーの効いたオフィスに居るので、地味に体が冷えます。
今日はひさーしぶりにストッキングを履いてたのですが、それでも足首が冷えてしまって・・・
この夏のクーラーでの冷えにやられて(多分)体調を崩したので、ホント、冷えには要注意です。

さて、私の「主婦の再就職キロク」シリーズ。
第4章の今日は、「新米ワーママの勤務スタイル」編です。
自分で「ワーママ」とか書いてて何だかこっぱずかしいYO。だって母親らしい事全然してないんだもん

私は5年のブランクを経て再就職をしたのですが、形態は「派遣」です。

「正社員」希望で就職活動をしていたのですが、色々理由があって「派遣」での就業です。
(理由は、ブランクありで「正社員」は中々就職活動状況が厳しい事、フルタイムでの勤務が体力的に難しい事、
「正社員」に拘っていたら中々就職できそうになく、これ以上ブランク期間を延ばしたくなかった事、です)


勤務は、月~金の週5日
時間は、9:00~16:30

実際このスタイルをしてみて、2か月弱なんですけど、いやぁ、疲れる(苦笑)。

募集自体は、「10:00~16:00、週に3~4日。より長く、週5日働ける人、より歓迎します」という条件でした。

時給も良いし、勤務地も良し、オフィス環境も良さそうな会社だったので、久々に「このポジションで働きたい!」と
ピンと来た募集だったので、欲張って「9:00~17:00、週5日可能」で応募してしまって。

職場見学(と言う名の面接)で、「前任者が10:00~16:00、週4日なので、そのくらいでも大丈夫ですよ」と言われた
のですが、何となく週5日働きたくて(欲張りだな 苦笑)。で、採用され、その時派遣会社の人には、
「やはり、17:00まででは無く、16:30まででお願いしたい」とお願いし、就業先も了承して下さり、最終的に

9:00~16:30、月~金、というスタイルに落ち着きました。

で、今、育児、家事、仕事と言うタスクで、いっぱいいっぱい。
欲張った自分を呪う(笑)

私の幼馴染P(3人の子アリ)は、私の友達たちの中では一番体力がある友人なのですが、そんな彼女ですら
「5連勤はキツい。有給を使いまくって4連勤にとどめるようにしている」と言ってます(笑)

また、子どもが居ない、または独身の友人たちも、「フルタイムはもうキツすぎる」と。
45歳、やはり20代、30代とは体力が違いますね(汗)

でもね、いつか自分の担当業務を持ちたい。
そのためには、やはり週5なんですよね。
いや、今でも担当業務は持ってますけど、徐々に仕事のフィールドを広げて行きたいんですよね。

少し話は逸れますが。

私がお仕事を始めたのが7月末で、その頃新しいプロジェクトが始まったタイミングでチームはかなり忙しく。
前任者からの引き継ぎは5日弱のみで辞めていて。

元々居るお二人の社員はバタバタで、その方たちからは引継ぎらしい引継ぎは中々受けられず。
細切れに対応方法を聞きますが、どういう流れで業務がそうなっているのか体系的に理解出来ず。

前任者から引き継いだお仕事はこなせるようになってきて、少し余裕が出来て来て。
で、今週に入って、お二人の社員の一人A子さんが、やっと本気(?)を出して、色々私にやらせてくれるようになり。

前から存在しているマニュアル書が、こう言ってはなんですが、ものすごく雑で(汗)。
システムの操作方法の説明なのですが途中途中のステップがかなり抜けていて素人には正直全く分からない。

なので、A子さんからも、マニュアルのアップデートを指示されたので、業務を教わりつつ、自分で分かりやすい
マニュアルを作りつつ・・・なので、今、業務の処理にすごく時間がかかっていて。

あと、うちのチームは、やたら全国のお客様からのお問い合わせ電話が多く、電話の取次ぎもビクビクで。
お金に係る事なので、正確に聞きとらなくてはならないし、聞いて社員二人に取り次ぐも、「システムに何と何を
インプットして・・・」とその場で説明を受けるのですが、背景が分からないので、本当に怖い。
(背景が分からないとミスも起こしやすいし)

でも怖がっていては何も出来ないので、今週はそんな恐れもかなぐり捨てて(笑)、しゃかりきに電話を取るように。
えぇ、忙しくなり、今までの業務が後手後手に回り・・・

でも、今は成長しなければならない時なので、割り切って、対応してます。
先週よりは今週が、昨日よりは今日の自分が成長できるように。

そうすれば何かいい事あるかな、と、淡い期待を抱きつつ(笑)

体は疲れてるんですけどね。

でも・・・休みをクレ(笑)

という事で、話は逸れましたが、おばさん、週5日勤務で、疲れてる、って話です(苦笑)

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




主婦の再就職キロク ☆ 主婦の就職活動と、利用した機関 :: 2017/09/08(Fri)

あーー今週もしんどかった

先々週からの体調不良(風邪?)に加えて、夫の海外出張による不在。
母に泊まりで来て貰って、その上ファミリーサポートの人に朝のキッズの保育園の送迎までお願いして
フルサポートで挑んだものの。

体調が中々上向かず。
でも何とか仕事は休まず、一週間を終え、ホッとしています。

明日は、美容院&ウィンドーショッピングの「一人時間」をいただけるので、嬉しい・・・(感涙)


                                        



さて、お待たせしました(誰も待ってない? 笑)。

主婦の再就職キロクシリーズ、第三章。
「主婦の就職活動と、利用した機関」。

2月にキッズの保育園から空き連絡があり、4月から入園決定。
入園決定後、すかさず動きました。

今回私が利用したのは、下記です。

★マザーズハローワーク東京(@渋谷)
★大手派遣会社 MP社、 HR社、 ADC社(←名称全部略してます)
★派遣会社 b style(ビースタイル)


結論から言いますと、今回私のお仕事が決まったのは、派遣会社 b style社です。

下記にもう少し詳しくご紹介しますね。


★マザーズハローワーク東京(@渋谷)

で、まずはマザーズハローワークのご説明。
「マザーズ」と名が付くので、子育て中の女性対象のハローワーク。
施設内には子供を遊ばせるスペースもあります。

マザーズハローワークでは、専任の担当者が付いてくださり、履歴書・職務経歴書の書き方を教わり、
就職活動の戦略を一緒に考えて下さいました。履歴書・職務経歴書は予め用意し持参して、すぐに赤を
入れて下さって。お蔭で私の履歴書・職務経歴書はかなり見違えました。

色々書き方が間違っていたり、訴求力が無かったりの元々の私の書類。
専任の担当者が赤を入れて下さって、有益なアドバイスを沢山いただいて本当に良かったです。

マザーズハローワークには月に1回程度通って、一緒にパソコンで条件を基に求人を探して下さって。
子育て中という事情を分かった上で来ている求人なので、子育て中の女性に良い求人です。
が、難点はお給料があまり良くない事かな・・・
パートの事務の時給は、派遣の時給に比べて低めです。


残念ながら、マザーズハローワークでご紹介いただいた企業様とはご縁が無かったのですが・・・
まず就職活動の第一歩を踏み出したい方にとてもお勧めです。
注)行かれる方は、事前に電話・面談予約をお勧めします

★大手派遣会社 MP社、 HR社、 ADC社(←名称全部略してます)

有名どころなので、この省略での明記でも皆さんピンと来るでしょう。
結論からすると、これら求人は多いのですが、子持ちで時短で・・・となると、とっても厳しい。

MP社・HR社はそれでも求人の連絡が来るのですが(特にHR社は電話で「こういう求人あるのですが・・」と
連絡を下さいました)、ADC社はまったく来ませんね。リーマンショックの頃就職活動をした際にもADCは
かなり冷たかった印象が。リーマンショックの3年前、ADC社で紹介予定派遣でお仕事が決まった実績も
あったのですが。

お勧めなのは、MP社なのですが、何故かと言うと、登録した人は、ネットでスキルアップの為の講座が
無料で受講できる事。ネットなので、自宅でいつでも受講できるのも良し。私は就職活動中にPower Pointの
講座を受講しました。


★派遣会社 b style(ビースタイル)

何かのきっかけで知ったb style(ビースタイル)と言う派遣会社。
b styleの「しゅふJOBスタッフィング」という派遣サービスは、主婦に働きやすい時短勤務の求人を扱っていて。

「週5日 ・ 16時まで」とか、「週3~4日・ 16時まで」と言う勤務条件の事務お仕事が満載で。
一昔前まで、「週3~4日 16時まで」の事務のお仕事なんて無かったので、今回b styleを通して
そういう求人が多い事を知り、驚きました。

で、このb style「しゅふJOBスタッフィング」を通してお仕事を探して、いくつか応募して、今の勤務先での
お仕事が決まりました(人手不足の追い風が助かりました)

色々な方の手をお借りして、励ましを受けて、諦めずに、前向きな気持ちで就職活動を続けて良かったです。
(でも何が一番良かった、って、時代が良かったんだろうなぁ・・・)

なので、もし、私と同じように子育て中の方で、再就職を少しでもしたい人は、最初の一歩をまずは踏み出して
みる事をお勧めします

今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




主婦の再就職キロク ☆ 保活。結果、認証保育園。 :: 2017/08/30(Wed)
暑さがぶり返して、今日は本当にしんどかった・・・。

と言っても、今日は体調不良でお休みをいただいてたんですよね。
先週水曜日くらいから体がしんどくて、何とか先週を乗り切って、でも週が明けてもしんどくて。
昨日、急ぎの仕事をバタバタと片付けて、2時前に早退。今日も体調戻らずお休みをいただくことに。

無念・・・。

まだ大した仕事は出来ていませんが、こんな私でも一応責任感はあるんだなぁ、と。

さて、それはさておき。

10日程前に、「主婦の再就職キロク ☆ 本帰国から就業まで丸一年」のタイトルで日記をUPして(こちらです→)、
シリーズ化すると予告していました。

今日は、その第二弾の保活についての記録をば。

「婚活」「妊活」「保活」とか、何かにつけて「活」を付ける昨今、こういう言葉は正直嫌いなのですが(苦笑)、
私も「保活」はやりました。←結局「保活」使うんかいw

横浜の実家に居候しつつ、都内の物件を購入する事に決めてから、横浜から物件近隣の保育園・幼稚園見学を。

結果として、認証保育園に入れる事になったので、保育園に絞って書きたいと思います。


<保育園は「認可」?「認証」?>

東京都は、「認可」「認証」とあり、ざっくりですがこんなカテゴリー分けをしているようです↓
(間違ってたらごめんなさいね 汗)

★「認可」→国が定めた基準を満たしている園
★「認証」→「認可」基準より甘めの東京都が定めた条件をクリアーしている園

「認可」は、区が申し込みを受け付けし、各家庭の状況に合わせてポイントを加算・算出。
園の空き枠以上に申し込みがあった場合、ポイントが一番高い人から入園の権利がもらえます。
契約も、各家庭と区役所が行い、保育料はざっくり言えば家庭の収入によって違います。
(収入が高い人ほど保育料が高い)

「認証」は、保育園と各家庭の直接契約で、園によって受け付け順だったり、家庭の状況によって
入園の優先順位が決まります。保育料は年齢の差はありますが、家庭の収入に関係無く一律。

一般的には認可保育園の方が保育料が安いのですが、高収入世帯になると逆転現象が起こり、認証保育園の
方が保育料が安くなるようです。



関係無い写真ですが
長女 with ヨーヨー

長女とヨーヨー



次女は吸入中~♪

吸入中の次女

後ろのカーテンが全くイケてないのはスルーして下さい。
前の住人が残して下さったのをまだ使っていて←いい加減買えよ、って?




<我が家は、認証保育園です>

我が家は私が専業主婦だったので、待機児童問題から、認可は諦めてました。
でも、「申込みしなければ何も始まらない」と思い、負け戦覚悟で認可保育園に申込み。
認証も数園申込みして。

保育園がダメだった場合を考えて、幼稚園も2園見学しましたが、共働き世帯を想定していない。
(基本2時頃まで。週に1回は12時前まで。夏休みもしっかりあり)、再就職を狙っていた私には論外だと。
なので、見学はしましたが、申し込みは見送りました。

認可は、結果通知が来て、次女が空きが見つかり、長女が保留(落選ですね・・)。
次女一人だけ入れても、お仕事は出来ないので、どうしようかと思っていた所、認証保育園から連絡があり、
「二人とも入れます」と。
最初は「一人入れます」とご連絡だったのだですが、「二人は無理でしょうか?」とちょっとネゴったら、後程「OKです」の連絡が

家と最寄駅の丁度中間地点の保育園。アクセス良し。
園庭も無い、ビルの2階の保育園ですが、お部屋の中はそんなに狭く感じない空間だったので、そちらに入園を決め。

認可との保育料の差がキニナル所。
認可に申込みした際に、区役所に申告した夫の収入が、ドイツに居た時の収入(ユーロ建て)で、どの収入のランクに
なるのかイマイチ分からず、はっきとは差が分からないのですよね・・・。

今回、一般的に保育料が認可より高いとされる認証ですが、長女次女を入園させることにより、「きょうだい割引」
として2万円の割引があり。8時間保育で、二人で10万円弱です。

これを高いと見るかどうか。

結局、これは我々は必要経費とみなして。
保育園が決まってないと、就職活動して、面接までこぎつけたとしても、「保育園が決まってない」では採用
されませんから。先行投資と思って割り切る事にしました。

ちなみにドイツでも「いつでも働けるように」と二人を保育園に入れていて。やはり毎月10万近くかかってました。
先行投資としましたが、ドイツでは就職活動を始める前に本帰国が決まったので、先行投資費用は全く回収できず(苦笑)


と、少し話は逸れましたが。

「空きが出ました」の連絡が2月中旬。契約書にサインした後だったか忘れましたが、4月の入園までの間に
区役所から「長女ちゃんの認可での空きが見つかりました」とご連絡があったり、他の認証保育園数園から
「空きが出ました」の連絡があったり。

ダメ元で始めた「保活」でしたが、蓋を開ければ、(区にもよるかもしれませんが)入る所は見つかるんだなぁ、と。

結局、認可も、他の認証も、辞退して、最初にご連絡いただいたアクセスの良い保育園に入園を決めました。


<認可を辞退した理由>

認可を辞退した理由は、大きく三つ。

★長女・次女、違う園だった。
 送迎が大変なので

★認可は、入園後2か月以内に私の就業先から「就業証明書」を区役所に提出する義務がある為。
 就職活動は焦ってしたくなかったので。転職はエネルギーが居るので、焦ってブラック企業とかに
 入りたくなかったし。できるだけ自分の条件に合う就業先を見つけたかったので。

★認証の方が柔軟性がある(ように見える)
 認可は、例えば会社帰りのお迎え前にお買い物をして帰ると、買い物袋を見て園のスタッフに咎められるそうです。
 「仕事の後はまっすぐに迎えに来て下さい」と。そもそも園は「親の仕事のサポートの為」なので。
 実際に私の元同僚で、子供を認可に預けている人は、「買い物に寄らずにまっすぐお迎えに来て下さい」と言われたそうです。
 


 認証は認可と比較すると、どちらかと言えばですが「サービス業」の気持ちで預かって下さる、と人から聞いていた
 ので、そいう事もあり、認証に決めました。


<認証に入れてみた感想>

園庭が無いのは都内ではもう仕方がないとして。

スタッフの入れ替わりがちょっと激しいかな、とは思いますが、保育士さん、スタッフさんも愛情を持って
子どもに接して下さっているように見えるので、おおむね満足しています。

あと、男性スタッフの比率が低くないのもバランスが比較的良い、と言うのが夫婦一致した意見です。

ミュンヘンで預けていた保育園は大きくスタッフも多かったのですが、男性の保育士さんは一人だけだったので。
男性スタッフによる性犯罪とかを懸念して、ドイツの親たちは男性保育士さんに対してネガティヴな感情を
持ってるのが、ドイツで男性保育士さんが少ない理由だそうですが、私は男性保育士さんの存在、いいと
思うんですよね・・・。男性にしか教えられない・伝えられない物もあると思うので。

ちなみに長女のグループの保育士さんも、次女のグループの保育士さんも男性です。

ちなみに、長女のグループの保育士さんは、この保育園で一番経験の長い人らしいの、次期園長候補だった
らしいのですが、「園長が男性なんて」と一部の親からの反発もあって(日本でもあるんですね)、比較的若く当園での
ご経験が短い女性(でもすごくしっかりされている)が園長さんを務められてます。


と、長くなりましたが、私の「保活」報告は以上です☆

今日も遊びに来て下さってありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村






  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




主婦の再就職キロク ☆ 本帰国から就業まで丸一年 :: 2017/08/20(Sun)
最近、お仕事ネタばかりで済みません(汗)

毎日仕事と家庭の両立で精一杯で、他のネタが入り込む隙が無いので(苦笑)

派遣の試用期間も過ぎ、最初の契約更新が終了したので、ちょっと落ち着いて、キロクとしてまとめておきたくて。

また、
海外から本帰国・再就職を考えられている方や、
ブランク有りで再就職を考えられている方などの、ご参考になればと。

軽く自己紹介させていただきますと、

40歳: 横浜在住。ドイツ人夫とドイツ移住を決め、退職し、渡独。
     (移住決定から渡独まで約3か月。その間に第一子妊娠判明。)
     ドイツで出産

42歳: 第二子出産

44歳: 日本への本帰国決定と、本帰国(出戻りッス 苦笑)
          
45歳: 派遣で再就職(in Japan)←今ココ



高齢・ブランク5年・未就学児2人アリ。
こんな私の崖っぷち就活キロクでで宜しければお付き合いお願いします(笑)


                                        




日記のタイトルにあるように、本帰国から再就職(お仕事初日)まで丁度丸一年、ぴったり365日でした。

7月24日が就業日だったのですが、奇しくも1年前の7月24日がちょうど羽田に降り立った日。

夫にしみじみと言いました。


私: ねぇ、私が就業する日って、ちょうど帰国した日なんだよ。
    帰国から1年かかっちゃったねぇ・・・。

夫: でもさ、1年じゃないよ?
    だって、(横浜の実家に居候して、自分たちの家を購入して、リフォームして都内に)引っ越したのが2月でしょ?
    それまでは何も出来なかったじゃない?

   もっと言うと、子供達が保育園に入園したのが4月。
   それまではどう頑張っても就職出来なかったじゃない?

   だから、実質(4月から考えて)3か月半での就職なんだよ。
   全然遅くないし、むしろ早いと思うけど・・・。


そうなんです。
言われてみれば、そうなんです。
自分では「一年もかかっちゃった」んですけど、冷静に考えると3か月半。

もっと優秀な人は1か月でも決まるかもしれませんが

私としては、住宅探しして住宅が見つかってから、ローン契約・リフォーム詳細詰めと並行して保育園見学し、
この辺りが本当にバタバタで体力的にキツくて。

引越ししてすぐに保育園から「空きが出ました」ご連絡をいただいて、入園までの1か月半の間に就活を開始。

保育園に関しては、認可保育園・認可外保育園との間でちょっぴり揺れて、結果的に、認可外を選択し。


そこから紆余曲折を経て、派遣でのお仕事の機会とご縁を得て就業。
ほぼ1か月経ち、今に至ります。

すぐにクビになるかもしれませんが(苦笑)
オバハン、何とか振り落とされずに働いてます。

また時間を見つけて、

「幼稚園 or 保育園? / 保育園は認可 or 認可外?」
「主婦の就職活動と、利用した機関」
「未就学児アリ妻のワークライフバランス」
「夫と妻の家事・育児分担」
「ファミサポを利用してみた」

などについて書いて行きたいと思います。


今日も遊びに来て下さって、ありがとうございます☆

↓いつも応援クリックありがとうございます。↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村




  1. 仕事探し・保育園探し・お仕事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



前のページ 次のページ